MRI検査の事がわかるサイト

MRI検査の注意事項について

MRI検査は磁気共鳴画像とも言われ仰向けの状態でトンネルの中をくぐりながら体の断面を撮影する検査方法です。

 

一般的には人間ドックの検査過程の一つとして受けられる検査でX線照射のレントゲン検査だけは分かり辛い細部に至るまで撮影することで腫瘍の早期発見などに期待されています。

 

普段生活する中で中々MRI検査を受ける機会はあまり多く初心者の方には分からない部分の検査前の注意事項や所要時間、経費などがありますので見ていきましょう。

 

まずはじめにMRI検査を受けられない方は心臓にペースメーカーを使用している方や体内に金属が入っている方、脳動脈にクリップが入ってる方や妊娠中の女性は受ける事ができません。

 

また入れ墨やアートメイクを施してる方は塗料で火傷を起こす可能性もありますが成分が極めて少ないため医師からの説明を受け検査を受ける方からの同意が得られれば検査は可能となりますので覚えておきましょう。

 

もし入れ墨が気になる方は、こちらのタトゥー除去の情報サイトを参考に消しておくようにしましよう。

 

またMRI検査を受けるに関しまして検査前に絶食などの説明があり造影MRI検査、単純MRI検査やどこの部位を撮影するかによって検査の4時間前から絶食してお水やお茶だけなら可能や食事も給水にも制限がない検査と別れますので事前に確認しておく事が大事です。

 

MRI検査の検査時間は約30分程度で終わりますが磁力で測定を行いますので検査中は体を動かさないように注意しましょう。

 

また検査前の更衣室ではカラーコンタクトや入れ歯、携帯やアクセ類、ヒートテックなどの機能性衣類は全てロッカーに入れて保管し検査に支障が出ない状態が望まれます。

 

MRI検査では健康保険で適用されますので検査の種類や1割、3割負担と個人の条件で違いはありますが平均で6000~8000円で検査を受ける事ができます。

 

検査時間は約30分で終わりますが事前に問診表の記入もありますので造影検査では遅くても30分前には到着し時間にゆとりをもってMRI検査を受けるようにしましょう。